2021年1月4日月曜日

デジタルスタジオ2021年 年頭所感

あけましておめでとうございます。今年もデジタルスタジオをよろしくお願いいたします。

 

2020年は新型コロナウイルス感染症の影響によって、社会全体が大きな変化を迫られた年でしたが、われわれにとっても事業環境が大きく変化した1年でした。

 

デジタルスタジオはこのような状況下でも、安定して成長することができました。2021年、デジタルスタジオでは「越境EC」という日本の商品を海外に販売する事業モデルに専業特化し、この分野におけるリーディングカンパニーとしてさらなるイノベーションを行います。

 

2010年から2015年まではLive Commerceというソフトウェアの開発・普及に尽力し、越境ECというビジネスモデルを完成させ、インターネットとソフトウェアの力によって外国語ホームページを安価に立ち上げることを可能とし、決済方法・海外物流の基盤構築を行いました。

 

2015年から2020年までの5年間は主に販売力を強化すべく、独自の販売チャンネルとしてDiscovery Japan Mallの立ち上げや、海外マーケティングチャンネルとしてeBay Lazada Amazonの販売連携、受注管理の開発に力を入れてきました。2020年の1年はそうした今まで開発してきたインフラを基本として自社によるマーケティング・オペレーションの総合力も相まって過去最大の海外販売の売上を記録しました。また、物量が急激に増えたため改めて海外物流のノウハウを多く学ぶことができました。

 

そこで、2021年の課題の1つが『海外物流』です。
これは海外に特化した自社物流センターの立ち上げです。現在、市場に存在する物流センターの内、海外特化型もいつくかありますが、多くの物流センターはEコマース業務とは切り離された画一的な業務となっています。ここに多くの問題点、具体的にはコストの課題があります。海外配送は実重量と容積重量のどちらか重い方を採択するという方式をとっていますが、梱包次第では送料が大きく変わってしまう点が挙げられます。海外送料を安く抑えるにはいかに小さな容積に抑える必要があり、一方で小さな容積ながらも頑強な梱包でなければならないという点です。これを高次元で同時に実現しようとするのは、市場の物流・梱包サービスでは難しいのです。この課題を自社物流センターで解決するのがねらいです。

 

2つ目として、デジタルスタジオでは既に海外販売を行うためのインフラ・マーケティング等はこの10年で解決したため、越境ECとうビジネスモデルにビジネス的な課題はありません。例えば、何らかの日本の商品を海外に販売する、年商510億円程度であればLive Commerceカスタマーサクセスプランのプログラムを実行すれば実現可能なビジネスモデルにまで進化していることです。逆を言えば、Live Commerceというソフトウェアをこれ以上進化させたところで、ECの概念が抜本的に変わらない限りは大したリターンがないというのが私の本音であります。(今後開発がないということを言いたいのはありません。)では、何が課題なのか。私が考える課題はLive Commerceの外にあります。

 

日本の商品を海外に販売する場合、例外なくゼロからの顧客開拓となるわけで、その場合の広告は新規開拓広告の配信となります。新規開拓の広告というのは、 「カートに入れたが離脱した」 というケースで、実は新規立ち上げ時はこの状態が圧倒的に多くなります。ユーザーはまだサイトを信用していないからです、このユーザーをもう一度サイトに戻す、購入まで導くためには、Live Commerceの外の活動、具体的にはメールマガジンやSNSを通じたブランドや商品情報の訴求が必要になります。この外の活動を支援するためには、ECサイト上でユーザーが検索したキーワードや個人情報、カートに入れた商品、それに関連する商品、、といったようにユーザーの興味関心のある商品をAIで提案するパーソナライゼーションによる提案がユーザー体験を最大化すると考えています。

 

越境ECを実現するための課題解決としてスタートしたLive Commerce は既にその役割を終え、どうやって日本の商品をスムーズに受け入れてもらえるかといったユーザー体験の最大化を軸としたソフトウェアに変化をしていることです。

 

そのためには、ユーザー情報を取得し、ECサイトと連動したパーソナライゼーションによるレコメンドなどが今年の課題になってきます。

 

 

以上ではりますが、2021年も「日本を世界に伝える!」という企業理念に向かって社員一同、頑張りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

2020年7月29日水曜日

越境ECセミナー 3ヶ月で海外売上を越境ECで作る 成長する海外通販事業の作り方

夏休み明けの8月19日にオンラインセミナーを予定しています。今回は3ヶ月で海外売上を越境ECで作る 成長する海外通販事業の作り方 です。


今回も20名限定、オンラインセミナーとなります。オンラインセミナーということで、前回も全国から参加がありました。今回も手軽に参加できます。ただし20名限定ですので、お申込みはお早めにお願いします。

例えば、

・ここ数年、海外市場への販路拡大を検討してみたが、いまいち成果が出ていない。
・ここ数年、売上規模の拡大を試みたが、努力の割に見合った成果が出ていない。
・ここ数年、新しい顧客作りがいまいちできていない。

このようなことを感じていませんか?

特に、既存顧客によって運営されているビジネスは、顧客の加齢によって成長に限界が生まれます。そして他社によって新しいトレンドが発生するたびに、ビジネスは縮小を余儀なくされます。

既存顧客によって支えられているビジネスはいずれ顧客の加齢に伴って、成長に限界が生まれる。


そこで、コロナショック後でも成長を続けている海外ネット通販を利用した新しい顧客創造です。

Live Commerce を活用した「成長するネット通販事業の作り方」とは、「ネット通販による海外売上を年商10億円以上にしたい」、「海外売上比率をアップしたい」と本気で考える経営者のために設計されています。

私たちは、海外売上がまだゼロの会社、もしくはすでに海外に子会社を持っているが海外売上が低迷している企業に「海外売上10億円を超えるネット通販事業」の作り方を支援しています。

海外売上をネット通販事業で作るには、「成長する海外通販事業の作り方」が必要です。その作り方を知らない会社は、どんなに立派なECサイトを作ったとしても、成長にブレーキがかかります。もしくは、その過程の中で事業が崩壊してしまうケースも珍しくありません。

Live Commerce は海外流通額10億円を超えるプロの越境EC運用支援会社

当社および当社顧客が挑戦してきた越境ECにおける標準化された販売ノウハウを当社は持っています。企業ごとにカスタマイズした越境EC戦略を実施すれば、平均30日~どんなに遅くとも90日以内で海外からの売上を作ることに成功しています。しかもその成功確率は2020年5月時点で100%です。海外通販事業で成長をしたい方、ぜひセミナーへの参加をお待ちしています。


2020年2月26日水曜日

ソフトウェアが世界の小売市場のゲームを変えている理由 2


今から7年前の記事ですが、最近になって少しつづではありますがソフトウェアの力が小売にどのように影響しているのかを解説したいと思います。
元記事はこちらです。 Software eats retail

要約すると、2013年にテクノロジーの投資家として有名な Marc Andreessen が放った言葉です。ソフトウェア業界が小売のあり方を根本から変える日が来るということです。彼はWebブラウザNetscapeの共同設立者でありシリコンバレーで最も影響力のある投資家で今までにFacebook、Airbnb、Twitter、Pinterest などさまざまなインターネットテクノロジー企業に関心を持っています。またFacebookやHHewletter-Packardの取締役会にも参加しています。

ずばり、「小売業の大半は廃業し、Eコマースは誰もが購入する場所になる。」この言葉を当時はなったあと、多くのアナリストは懐疑的だったそうです。(当然です)

彼の主張の1つとして、人間が店舗に行き、製品を閲覧し、それらの製品の代金を支払うという行為は200年前と基本的に同じで、レジや決済方法はたしかに変わりましたがコアモデルは1800年代と全く変わっていません。つまり小売業だけが他のどの分野の進歩よりも進化していない産業だということです。

仮に物理的な小売が存在しない未来など想像できるでしょうか。人間が物理的な買い物をする心理的欲求を根本から否定し、全てはEコマース化される世界です。

現実はソフトウェアが小売業を食べていますし、現在進行形でその影響力はますます強くなっていることは否定できません。2020年以降もあらゆる消費行為、広告にはソフトウェアが侵入してくると私も思います。

2020年2月24日月曜日

ソフトウェアが世界の小売市場のゲームを変えている理由

先日、こんな記事がありました。

TESLA COMPUTER HARDWARE STUNS COMPETITORS: “WE CANNOT DO IT”

日経アジアレビューというサイトで電気自動車大手のテスラのモデル3の解体を行い、ある日本のエンジニアは電気自動車に搭載されたコンピュータ技術の高さにショップを受けたという記事です。

日本人エンジニアは「We Can Not Do It = できません。」という回答だったそうで、テスラで採用されている中央制御ユニットを分析した結果、この技術にはすでに追いつくことができないと言及したそうです。

CEOのElon Musk氏によると、Teslaの「ハードウェア3」チップの現世代は、昨年車両に搭載を開始し、Tesla車両が完全に自力で運転できる十分な計算能力を備えています。現時点ではTeslaの自動運転機能はレベル2(5段階中5が完全に自律した自動運転)に制限されています。つまり、車線の変更、方向展開、ドライバー不在での駐車場のナビゲートを処理できます。

さて、日本の自動車メーカーであるTOYOTAですが、完全な電気自動車はまだリリースしていません。ガソリンと電気のハイブリッド自動車の代表であるアクアやプリウスの成功や水素電池自動車の投資によって完全に電気自動車への投資があやふやである印象を受けかねないですよね。

TOYOTAとTESLAの違いは、TESLAはすでに自動車をソフトウェアによってコントロールしている点です。TOYOTAは未だハードウェア先行の会社です。

ここからやはり学ぶことは多いと思います。
世界的に急成長をしている業界というのは、あらゆるものにソフトウェアが侵入してきており、ソフトウェアがまずは主であり、その次にハードウェアという点です。


小売業界はどうでしょうか。

小売業界は元々は大型商業施設にモールとして出店したり、路面店を出したりということで、やはりハード(外観やディスプレイや売り場での商品の見せ方)が先行していました。すべて手で触って感じることができますから、ハード先行です。

一方で価格.comに掲載するネット通販サイトは店舗を持たず、自社サイトと最先端の広告だけで売上数十億円規模の事業者もこの時代に存在します。彼らは小売の生態系を変えてしまっています。

IT時代にモノを売ることを学習した新人類はやはり売り方も違います。

彼らはひたすら商品データベースを作り、それを人工知能などが搭載されたGoogleの最新広告技術を駆使することにより、パーソナライズされた広告を消費者に配信するという手法です。

彼らは何を売るかよりも、商品データベースを構築し、それをGoogleやFacebookの広告配信先に掲載することのほうが遥かに合理的であることに気づいてしまっています。

彼らは何かを売るために、価格調査をしたり売り場のデザインを改良したりすることよりも(もちろん後々デザインなどは改善もしています)、結果として売れたものをよりマーケットに競争力のある価格で提供するという、今までの小売の常識では考えられない手法で小売市場の生態系を根底から揺るがしかねない存在です。


ソフトウェアが世界の小売市場のゲームを変えている理由をもっと詳しく知りたい方はセミナーで → https://www.live-commerce.com/seminar/cross-border200318.html






2019年10月26日土曜日

モバイルアプリの未来 PWAの作り方〜既存スマホサイトのアプリ化 

先日、ウェブサイトをアプリ化する課題があって、いろいろ調べていくとPWAという2018年ごろから話題になっている技術に出会いました。

この出会いはこの10年ぐらいのテクノロジー基盤としては、かなりのインパクトがありそうなので、自分なりの知識で解説しておこうと思います。

クロスプラットフォームの問題


そもそも、アンドロイドとiPhone のスマホアプリ、それからウェブサイトとしてのスマホサイトの3つを開発しようと思うと、それぞれの開発言語が異なるので、開発者としては3つの言語とそれぞれのシステムの管理が必要です。


ネイティブアプリの開発の場合、iOSだと Swift で Androidだと Kotlinで ウェブサイトはHTMLCSSですね。これだと開発者泣かせということで、iOSでもAndroidの共通開発言語としてクロスプラットフォームという考え方が次に広まりました。有名なクロスプラットフォームとしては XamarinやReact Native がありますが、これもまた独自の言語に近いのでゼロから学習しなければならないし、ネイティブアプリのような体現ができるかといえば、微妙です、、。

PWAの登場


そんな過程で2018年ごろに登場したのがPWAです。
 PWAとは、「Progressive Web Apps」の略称で、モバイル向けWebサイトをGooglePlayストアなどで見かけるスマートフォン向けアプリのように使える仕組みです。


特別な技術は必要なく、既存のウェブサイトに数行のJavascriptコードを追加するだけでGoogleストアやアップルストアで見かけるネイティブアプリのようにユーザーは自分のスマホにインストールして使えるようにするものです。

PWAを既存のウェブサイトに実装すると以下のようなメリットがあります。

  • ネイティブアプリと同じく全画面で閲覧できる
  • プッシュ通知が行える
  • オフラインで閲覧できる
  • ファイルがスマホにキャッシュされるので読み込み速度が格段にアップする
  • 検索エンジン経由でアプリをインストールさせることができる
  • 管理者側としてはサイトの審査が不要


などなど、、非常にメリットが大きいのです。

Googleのケース事例として紹介されている、不動産検索サービスを提供するSUUMOの場合、
  • 読み込み時間75%短縮
  • プッシュ通知開封率31%
  • 検索エンジンでのランク評価に好影響
という結果がでています。

そのほかにも、NIKKEIやTwitterやスターバックスなども事例として紹介されています。

ブラウザの対応


PWAという仕組みはスマホのブラウザで動作するため、AndroidとiOSにそれぞれインストールされているブラウザの対応状況によっては正しく動作しない場合があります。

2019年時点では、Google Chromeは完全にPWAに対応しています。Safariについてはまだプッシュ通知ができない、バックグランド同期ができないなど課題が残ります。近い将来、AppleがPWAを完全サポートすることを願うばかりです。

PWAの作り方


前提条件としては、以下の条件です。

  • 最近のバージョン(74以降)のChrome。 PWAは単なるウェブアプリであり、すべてのブラウザで機能しますが、ブラウザレベルで何が起こっているのかをよりよく理解してインストール体験をテストするためにChrome DevToolsのいくつかの機能を使用します。
  • HTML、CSS、JavaScript、そしてChrome DevTools に関する知識。

1、manifest.json ファイルの作成

manifest.json というファイルを作成し、以下の記述をします。
{
  "name": "Weather", //ウェブサイトの名称
  "short_name": "Weather", //ウェブサイトの名称(短文)  "icons": [{
    "src": "/images/icons/icon-128x128.png", //128pxアイコンの場所      "sizes": "128x128", //サイズ定義      "type": "image/png"     }, {
      "src": "/images/icons/icon-144x144.png",
      "sizes": "144x144",
      "type": "image/png"
    }, {
      "src": "/images/icons/icon-152x152.png",
      "sizes": "152x152",
      "type": "image/png"
    }, {
      "src": "/images/icons/icon-192x192.png",
      "sizes": "192x192",
      "type": "image/png"
    }, {
      "src": "/images/icons/icon-256x256.png",
      "sizes": "256x256",
      "type": "image/png"
    }, {
      "src": "/images/icons/icon-512x512.png",
      "sizes": "512x512",
      "type": "image/png"
    }],
  "start_url": "/index.html", // アプリインストール後のURL転送先
  "display": "standalone", // 変更なし
  "background_color": "#3E4EB8", // アプリ起動時のブラウザの色
  "theme_color": "#2F3BA2" //テーマ色
}

Note: Chromeをインストールするには、少なくとも192 x 192 pxのアイコンと512 x 512 pxのアイコンを用意する必要があります。しかし他のサイズを提供することもできます。 Chromeは48dpに最も近いアイコンを使用します。たとえば、2xのデバイスでは96px、3xのデバイスでは144pxとなります。

2、ウェブアプリマニフェストへのリンクを追加する

アプリの各ページに<link rel="manifest"...を追加して、ブラウザにマニフェストについて通知する必要があります。 index.htmlファイルの<head>要素に次の行を追加します。

public/index.html


<!-- CODELAB: Add link rel manifest -->
<link rel="manifest" href="/manifest.json">


3、iOSのmetaタグとアイコンを追加

iOSのSafariはウェブアプリマニフェストがまだサポートされていません。そのためindex.htmlファイルの<head>に伝統的なmetaタグを追加する必要があります。

public/index.html


<!-- CODELAB: Add iOS meta tags and icons -->
<meta name="apple-mobile-web-app-capable" content="yes">
<meta name="apple-mobile-web-app-status-bar-style" content="black">
<meta name="apple-mobile-web-app-title" content="Weather PWA">
<link rel="apple-touch-icon" href="/images/icons/icon-152x152.png">


4、アドレスバーのテーマカラーを設定する

PWA監査で、Lighthouseはアプリの「 アドレスバーのテーマカラーが設定されていない 」と指摘しています。ブランドの色に合わせてブラウザのアドレスバーをテーマにすると、より没入型のユーザー体験を提供できます。
モバイルでテーマカラーを設定するには、次のmetaタグをドキュメントの<head>に追加します。

public/index.html

<!-- CODELAB: Add meta theme-color -->
<meta name="theme-color" content="#2F3BA2" />

基本的には以上の実装で終了です。各種パスはサイトの構造に合わせて変更してみてください。また、もっと詳細にスマホアプリとウェブサイトの統合を行う場合は、Googleが提供しているドキュメントに はじめてのプログレッシブウェブアプリを参照してみてください。



AppleはPWAフレンドリーに近づくか?


答えはおそらくYESです。いずれにせよ、AppleがPWAテクノロジーに近づき、それに近づいていることは大きな一歩ですね。iOS 12.2およびiOS 13ベータ版のPWA対応は多くの人が待ち望んでいたことですので。

PWAはモバイルアプリケーションの未来だと考えています。ネイティブアプリケーションは今後数年後、PWAを基本としたウェブアプリに置換えられ、ネイティブアプリはウェブサイトと完全な組み合わせになる可能性があると思われます。


結局のところ、Googleはこの点で先導的であり、常にProgressive Web Appsの開発を推進しています。PWAについては今後もウォッチを続けていこうと思います。最新記事についてはメルマガを購読していただけると助かります。










2019年10月11日金曜日

越境ECビジネスモデル塾

To: デジタルスタジオのサービスをご利用しているお客様へ

Live Commerceでは今月から週1回のメールマガジンを配信しています。以前は私が行なっていたので月に1回がやっとでしたが、担当者が引き継いていただく形になって、これからは週1回の配信です。

メールマガジンのコーナーに作ってもらったのが、越境ECビジネスモデル塾です。
これは、私が経験した越境ECにおけるマーケティング施策の過程で生み出した企業単位での個別のビジネスモデルを紹介します。まあ、ビジネスモデルというか、個別のマーケティング施策と言ったほうがいいかもしれません。それが結果的に企業単位での独自性の高いビジネスモデルになった形ですね。

基本的に越境ECマーケティングは 広告 → LP → 売上 という流れは国内ECと同じです。

ただし、商材によってユーザーの属性が全然違うので LP → 売上 の導線に至るまでに教育させるべき手段が異なります。

消費者は広告を見た後に、その日に注文する人がだいたい46%、12日から30日後に注文する人が23%という数値があります。これは私が直接管理してい越境ECサイトなのですが、広告を見ても後日注文する人は全体としては54%もいるのです。広告を見た人の2人に1人の割合です。

マーケティングの施策としては、広告を見てから2日から30日の間にユーザーにどんなアクションを起こすのかが重要になっています。

一般的にはユーザーとしての足跡を残してもらう仕掛けをLP内に設置しておき、たとえ当日に注文されなくても再訪してもらえるようにしておくのです。

  • メールマガジン登録してもらう
  • SNS登録してもらう
  • リマーケティング広告で追いかける

ただ、ここからが問題です。
広告を見ても後日注文する人(広告を見た全体の54%)に対して、どんな内容のメールマガジンやSNS投稿にするのかです。


メールマガジンにしてもSNS投稿にしてもコンテンツを考えなければなりません。創造(想像)が必要です。

そこで私はクライアントとよく話すのが、

  • メールマガジンの内容(薄い、濃い)は気にしない。とにかく書く、配信する
  • SNSの内容は気にしない。とにかく投稿する

ということを強調します。

というのは、商品の販売に結びつくようなセールスレターは、良質な教材を使って教育された人でないと、書けません。

普通の人が書けるレベルの文章は、商品のちょとしたうんちくか、「かっこいい」とか「かわいい」といった自分がその商品に対して主観的に思うことぐらいではないでしょうか。実際書くとしたら。


世の中のメールマガジンと比較すれば非常に薄っぺらい内容なので、「こんな程度でも配信して大丈夫なのか?」

とよく聞かれますが、全然問題ないと思います。


なぜかというと、文章には他人の言葉自分の言葉があり、人の感情を動かすのは、自分の言葉だからです。自分の言葉は一見薄っぺらそうに思われがちですが、共感されます。

説明します。


他人の言葉とは、その通り誰かが言ったようなことです。まあ、本に書いてあるようなこともそうですね。他の誰かが言ったようなことを焼き直しして自分の言葉に置き換えた内容です。他人の言葉はほとんど響きません。


先日私が買った朝食用のナッツです。



これを紹介するときの他人の言葉。

オーツ麦に自家焙煎された玄米を加えたグラノーラベースに、シールド乳酸菌が500億個入った、甘さ控えめでより健康志向のグラノーラです!!
保存料・着色料・香料は無添加で牛乳や豆乳と一緒に、またはヨーグルトやアイスクリームなどにトッピングしてお召し上がりいただけますよ!!


これを自分の言葉にするとこうなります。

恥ずかしながら、自分はお腹が弱いのであまり食べたことないものを口にすると、昼食後とかに下痢になることがった。ただ、これを朝食としてとるようになってから、お腹の調子がめっちゃいい。下痢もほとんどしなくなったし体もなんとなく軽い感じ。仕事中にお腹痛くなると最悪、仕事集中できないしね。


公式サイトやSNSやブログなどの公にさらす場合は、他人の言葉。
メールマガジンで読者と1対1で送るなら自分の言葉。


私は公式サイトに掲載する文言とメールマガジンに掲載する文言は全く別です。
メールマガジンは読者と1対1なので、自分の言葉でもっと自分を深く知ってもらうように書きます。

自分の言葉で書いた文章は、いままで多くの企業担当者から反応をいただきました。
やっぱり、自分の言葉は人の感情を動かします。

話を戻しますが、広告を見ても後日注文する人(広告を見た全体の54%)に必要なのは、自分の言葉をとにかくニュースレターを介してユーザーに届けることです。


たとえメールマガジンのコンテンツの質が最初は低くても1週間に1度でもそういった言葉をユーザーに届けることができるようになれば、立派なマーケティングです。まずは、これが基本中の基本。

これができるようになったら、少しづつメールマガジンの内容を良質なものにしていけばいいのです。

最初から、きれいな商品画像やビジュアルを用意する必要はないと思います。

大事なことは、自分の言葉で一定の間隔で続けることです。
継続すれば、そこからどうやって改善していけばいいのか、すぐにアイディアが浮かぶと思います。


















フィリピンで求人

To : デジタルスタジオのサービスをご利用のお客様へ

当社ではフィリピンで求人をしているのですが、現在は技術系ではなくデータ入力というデスクトップワークの職種で求人をしています。ECサイトの商品登録をする担当者ですね。


Indeedで求人をしているのですが、1日300円で1週間求人広告をしたところ、100件以上の応募が殺到します。

フィリピン国内でIndeedで求人


Indeedの機能でスペック、学歴、保有資格、居住地などでいろいろフィルターをかけることができるので、採用側としては高スペックの人材を選べるので、日本を一歩出るだけでまったく求人の市場環境が違うことがわかりますね。

日本の1/3のコスト感で同じ仕事ができます。

システム開発やデスクトップ作業など、フィリピンの人材を活用して御社業務も一生に最適化できる提案が可能です。 ⇨ フィリピンオフショア開発